フォトブログ

キュリアスモナリー

IMG_1895webl.JPG

モナリーが我が家の一員になって13年を迎えようとしています。鳥という生き物は年齢を感じさせませんが、今年は初めて卵を産みませんでした。

一方で、人との共同生活が長くなるほどにモナリーのヒト化現象は進んでいるようです。


モナリーは、モフモフしたものに目がありません。以前投稿したモコモコスリッパには未だ夢中で、隙あらば奪い去ろうと飛来します。ある夜には、私が寒くて目を覚ますと毛布がはがされていることも。

 

IMG_1896webl.JPG
今回標的になったのは、キュリアスジョージ君。

IMG_1898webl.JPG

もこもこスリッパ以上に重量のあるジョージ君をなんとかして持ち帰ろうとモナリーは奮闘しました。


結果はご覧の通り。それでもジョージ君を放しません。

IMG_1900webl.JPG

野生回帰(仮)

IMG_1823tri_webl.JPG

モナリーちゃん、円錐状に翼を広げて何やら怪しい。

モナリーが隠し持っていたのは、もこもこスリッパですね。

踵までひっかけられるシューズタイプのスリッパは、履きごごちも良く冬場に欠かせません。

 

IMG_1762tri_webl.JPG

夜が更け、ご主人様が就寝時にソファの脇にスリッパを脱ぎ置くと、モナリーの捕食本能が目覚めます。

もこもこスリッパがネズミにでも見えているのでしょうか。食べられませんよ。


IMG_1760tri_webl.JPG

「捕ったどー」の体でスリッパを掴んだまま部屋中を飛び回っていますが、そこそこ重量があるため、飛行に失敗し床に墜落することも…。

 

IMG_1828webl.JPG

それでも獲物は放しません。

 

待ちきれんばかり

IMG_1766tri_webl.JPG

シンクの脇でゴハンを待ち続けていましたが、ご主人様が皿洗いに忙しくてなかなかゴハンを出してくれません。

 

痺れを切らしたモナリーは実力行使に踏み切りました。狩猟活動の行き先として三角コーナーに狙いを定めたようです。

 

モナリーちゃん、ウズラ肉の残飯はありましたか?育ちの悪さが露呈していますよ。

 

 

 

未知との遭遇?

IMG_1649.JPGwebl.JPG

モナリー、未知との遭遇


鳥類と両生類との化学反応が見られるかと期待しましたが、モナリーは遠巻きに眺めるだけで化学反応は不発に終わりました。

 

モナリーは南米からやって来たワイルド種です。

ネコ科・ネズミ等のげっ歯目・鳥類(特に同種の猛禽類)がテレビに映し出されると目の色を変えて視聴します。一方で、水辺に棲む生物や水中生物には興味を示しません。

故郷南米の地ではこれらの生き物と出会う機会がなかったのでしょう。サバンナかジャングルか、どんな地で生まれ育ったのでしょうか?

 

ただ、NHK‐BSで放映されている「魔改造の夜」に登場するメカロボットには異様なまでの敵対心を燃やします。(「魔改造の夜」とは、一流の技術者たちがおもちゃや家電製品を改造して指定競技のタイムを競うリアルエンジニアリングバラエティーです。)

先日には、「赤ちゃん人形綱登り」編でNットーさん製作の「リトルグリーンモンスター」目掛けて、画面に体当たり攻撃を仕掛けました。モナリーは、これまで一度も画面アタックを仕掛けたことなどありませんでしたが…。

何がモナリーの心に刺さるのか?

兎にも角にも、「魔改造の夜」のオープニングが流れるだけで、モナリーがそわそわし始めます。

 

 

飼い主のエゴ

飼い主のエゴ

動物と子どもほど被写体として難しいものはありません。

モナリーちゃんはレディですから、薔薇の花びらでおめかしをしてみましょう。あなたは黒っぽくて写真映えしませんからね。

しかし、これは飼い主のエゴですね。人間目線ではおめかしであっても、フクロウ目線では嫌がらせでしかありません。

「なにすんのよ」と花びらを振り落とし、決めポーズを撮らせてくれませんでした。

IMG_1605.JPGtri_webl.JPG

IMG_1606.JPGtri_webl.JPG

 

 

 

1 2 3 4